ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングとは

ダイレクトボンディングとは、直接お口の中で歯を修復する方法です。
コンポジットレジンを用いるためCRやレジン充填とも言われます。
保険外の場合を特にダイレクトボンディングと呼んでいます。
単に虫歯などの穴を埋めるだけの修復は保険診療で行えます。
すきっ歯の修復など審美目的の修復や、通常保険であれば銀歯で行うところを審美目的で修復を行う際は自費診療として行っております。

ダイレクトボンディングの実際

Case.1 早期発見された歯間の虫歯

歯の間に虫歯が出来ています。

ダイレクトボンディングの術前CT
歯の間に虫歯が出来ています

一般的な歯科医院ではこの様な場合、下の写真の様に銀歯で修復します。

通常の銀歯による歯科治療
通常であればこの様な銀歯で修復します

ダイレクトボンディングの場合

歯の間の虫歯
虫歯をピンポイントでアプローチします

悪いところだけをとります

歯の間の虫歯を除去したところ
悪いところだけをとります

ピンポイントで修復しました

虫歯の穴を埋めたところ
ピンポイントで修復しました
ダイレクトボンディング術後比較
レントゲンと比較です

虫歯は小さいうちにダイレクトボンディングによる修復が第一選択とすべきと考えております。

理由は

銀歯は虫歯になるから

銀歯は歯と接着されていません。セメントを介してはめ込んでいるだけです。
フィットが良ければ虫歯を作らず長持ちしますが、浮いて隙間があるような銀歯はガムにひっついて外れるか、外れなければ隙間から虫歯を作ります。

Case.2 銀歯の下に出来た虫歯

通常の銀歯による歯科治療
先ほどの銀歯です。

銀歯をはずしたところです。白いのはセメント、黒くみえるのが隙間があいて細菌が入り込んでいるところです。

銀歯を除去したところ
黒いところは銀歯が浮いて細菌が入り込んでいるところです。

丁寧に除去し、虫歯検知液を使って青く染まる感染歯質を取り除きます。

銀歯の下の虫歯
青い部分が感染した歯質です。

バイタインリングという装置を取り付けます。歯の間を適切に修復するための器具です。

バイタインリング装着時
青い装置がバイタインリングです。歯の間を一時的に押し開きます。
ダイレクトボンディング術後
修復が終わり、研磨したところです。

これほどの範囲の修復では、銀歯やセラミックなどで間接修復をすべきところですが、カウンセリングの上で、ダイレクトボンディングで行うこととなりました。
強度に問題がある場合おすすめしないこともありますが、患者さんのご希望があれば優先します。

Case.3 咬合力がかかる部位への修復

下の歯です。銀歯が浮いて虫歯が出来ています。

浮いた銀歯
銀歯が浮いて虫歯が出来ています。

銀歯を外したところです。

銀歯の下の二次虫歯
ほとんど外れかかっていました。

虫歯を除去したところです。進行していましたが神経を取らずに済みました。

虫歯を除去したところ
虫歯を除去したところです。

最終研磨前の状態です。赤い点が噛み合わせで上の歯と接触している点です。

ダイレクトボンディング研磨前
咬合を当てます。

ひと昔前に比べ、コンポジットレジンの耐久性ははるかに向上しています。当クリニックで使用している最上級のコンポジットレジンはセラミックの粒子を多く含み耐摩耗性に優れます。簡単にすり減りません。
歯の形態を復元し、しっかりと適切な咬合を与えます。

最終研磨の後です。

ダイレクトボンディング術後
最終研磨の後です。

Case.4 すきっ歯の審美修復

ダイレクトボンディングによって、歯を削ることなく1日ですきっ歯を審美修復することが出来ます。

上の前歯の場合

上顎の正中離開、すきっ歯のダイレクトボンディング

下の前歯の場合

下顎の正中離開、すきっ歯のダイレクトボンディング。

費用

30,000円(税込)

すきっ歯の修復は2本で60,000円 39,000円

初診時行うこと>